ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザー(通称・ロボアド)とは、主に個人投資家に対し、資産運用上のアドバイス・補助を行ってくれるサービスのことです。

  • 投資には興味があるけれど、最初からすべて自分でやるのは不安
  • 資産運用にかかる手間を軽くしたい(資産運用のためにあまり時間を割きたくない)
  • どんな投資商品(例:株式や、投資信託、外貨等)を買ったらいいか、わからない

などといった投資家のために、各投資家に合った投資信託の診断や、運用プランの提案、さらには、自動での資産運用などといったサポートを提供してくれるサービスです。

ロボアドバイザーの機能は、大きくわけると2つあります。
1つが、各投資家の投資スタイル・運用方針に合わせた投資プランの診断や運用シミュレーションを行ってくれるというもの。
「助言型」「アドバイス型」のロボアドバイザーサービスが、これに該当します。

もう1つの体系が、「投資一任型」と呼ばれるもの。資産運用の多くの部分を「お任せ(一任)」することが出来るサービスです。

  • 「助言型」のロボアドバイザー:
    個々の投資家の投資スタイル・リスク許容度・運用方針等に合わせた投資プランの作成・診断や、運用シミュレーションを提供してくれるサービス。
    パソコンやスマートフォンからロボアドバイザー事業者のサービスサイトにアクセスし、投資に関するいくつかの質問に答えるだけで、自分自身に適した運用スタイル・運用方針、及びそれぞれの基本戦略に合致した投資(商品)の提案・資産配分の提案等を受けることが出来ます。
    多くの「助言型」ロボアドバイザーサービスの場合、原則として無料で提供されていることが多い、という特色もあります。
    反面、実際の投資商品購入・リバランス・利益確定等の手続きは、あくまでも、各投資家自身にて執り行う必要があるので、投資自体を「丸投げ」したいという方には、「助言型」ロボアドバイザーサービスでは、心もとなく感じるケースもあるでしょう。
  • 「一任型」のロボアドバイザー:
    「資産運用は全てロボアドバイザーに任せっきりにしたい」という投資家におすすめなのは、こちらのタイプのロボアドバイザーになります。
    各利用者のリスク許容度等に合致した投資スタイル・投資プランの提案(運用シミュレーションを含む)を行ってくれるのみならず、実際の投資商品の買い付けや、必要に応じてリバランス、利益確定(売却)まで、ロボアドバイザーが一括して執り行ってくれます。後述する「ウェルスナビ」のように、納税額を最適化する「detax」機能を備えたサービスまで存在します。

※ひとことに「助言型」「一任型」といっても、詳しいサービス内容は、ロボアドバイザー業者によって差があります。実際の投資口座開設前には、各社のサービス内容をよく確認するようにしましょう。

さて、そんな「助言型」と「一任型」のうち、特に投資初心者の方に重宝されるのが、投資にまつわる様々な手間暇を”まるなげ”できる、「一任型」のロボアドバイザーサービス。
なかでも、日本国内において大手と言われる、一任型ロボアドバイザーとしては、下記のようなものがあります。

下記では、それぞれのサービスの特徴などを見ていきましょう。

一任型ロボアドバイザー「Wealth Navi(ウェルスナビ)」



引用元:Wealth Navi(ウェルスナビ)

2019年9月5日時点での預かり資産は、1700億円を突破。運用者数(口座数)は23万口座を超えており、いずれの数値も、国内ロボアドバイザー業界においてはナンバーワンのサービサーといえます。
提示される6つの質問に答えることによって、投資家個々人のリスク許容度を診断し、

  • どの程度の確率で、
  • どのくらいの資産規模を目指すことができるか、という点について、

無料でシミュレーションを行ってくれたうえで、リスク許容度に応じた最適ポートフォリオを自動提案してれます。

投資に回すための運用資金も、「クイック入金」サービスを使用することにより、いつでも手数料無料にて、日頃使用している銀行口座(※)からWealth Navi(ウェルスナビ)へと、即時送金することが可能です。


(※)対応銀行は下記。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行

投資商品の買い付けも、投資用資金の積み立ても、いずれも全自動にて行われるため、投資家としては、自身の感情に判断を乱されることなく、ごく淡々と、投資を継続することが出来る、というメリットがあります。

さらにWealth Navi(ウェルスナビ)の場合、「DeTAX」と呼ばれる、譲渡益金課税最適化の仕組みも備えられています。
含み損が出ている銘柄をいったん売却することによって敢えて損失を計上し、これによって、別銘柄で発生している利益金と相殺、税負担の翌年以降への繰り延べを行うスキームです。

加えて、Wealth Navi(ウェルスナビ)の手数料は「年率1パーセント」とシンプルです。
さらに、預かり資産のうち3,000万円を超える部分に対する料率は、0.5パーセントまで下げられます。
それでいて、入金手数料(クイック入金利用の場合)や自動積立手数料は無料、出金手数料も無料、と定められていますので、こうした費用面においても、至極、投資家フレンドリーなサービスと言えるでしょう。


参考:WealthNavi(ウェルスナビ)|公式サイト

「お金のデザイン」社のロボアドバイザー、THEO(テオ)

THEO(テオ)というのは、オランダの有名画家であるゴッホの金銭面を支え続けた、ゴッホの弟、テオの名前が由来となっているとのこと。
口座開設時の質問に回答することにより、231通りものポートフォリオの中から、各投資家のリスク許容度等に合致したポートフォリオが自動提案され、以後の運用においては、最大30種類以上のETF(上場投資信託)に対し買い付けを行うことで、実質、世界86の国と地域にわたり、1万1千銘柄以上の株式等へと資産を分散投資することが可能となります。

運用アルゴリズムには、いずれもノーベル経済学賞を受賞した、

  • 現代ポートフォリオ理論と
  • 資産価格の実証分析、という、

の2つの理論を用いられており、リバランスについても、あくまで自動的に行われることとなります。
前掲のWealth Navi(ウェルスナビ)の「DeTAX」機能にも似た、「THEO Tax Optimizer(テオ タックス オプティマイザー)」という自動税金最適化サービスも提供されています。

手数料については、「THEO Color Palette(テオ カラーパレット)」という仕組みで管理されており、カラー基準額に応じて下記のように定められています。

  • ホワイト:1パーセント
  • ブルー:0.90パーセント
  • グリーン:0.80パーセント
  • イエロー:0.70パーセント
  • レッド:0.65パーセント

前掲のWealth Navi(ウェルスナビ)と同様、家計簿管理アプリケーション「マネーフォワード」にて自動連携が可能ですので、家計の中での資産として、一元管理が容易、という特徴もあります。


参考:THEO(テオ)|公式サイト

dポイントと連携できるロボアドバイザー、「THEO+docomo」

「THEO+docomo」は、前掲のロボアドバイザーサービス「THEO」と、docomoのdアカウントが連携したロボアドバイザーサービス。
ユーザーごとに最適化された投資を自動で行うのはもちろんのこと、資産預かり額に応じたdポイントを貰えたり、おつり運用ができたり、と、ごく一般的なTHEO(テオ)とは、少し毛色の違ったサービスを提供しているという特徴があります。

「THEO+docomo」利用者の場合、dポイントは毎月貯まり、かつ、docomo回線の方・非docomo回線の方では、ポイント還元率が違います。
docomo回線利用者の場合であれば、

  • 50万円運用時:年間600ポイント
  • 100万円運用時:年間1,200ポイント
  • 300万円運用時:年間3,600ポイント

となりますが、docomo回線利用者の場合、

  • 50万円運用時:年間900ポイント
  • 100万円運用時:年間1,800ポイント
  • 300万円運用時:年間5,400ポイント

と、付与率が高くなるように設定されています。
※貯めたdポイントは、ネット通販や飲食店などで利用することができます。

さらに、「THEO+docomo」の場合、「おつり積み立て」にも対応しています。
具体的には、あらかじめ「THEO+docomo」で、

  • 100円
  • 500円
  • 1,000円

の3種類の中から、おつり積立の基準額を決めておけば、あとは実際にdカードを使用してお買い物などをした際に、「おつり相当額」が、自動的に積み立てられていくこととなります。
「積立投資が大事とは知っているけど、なかなか習慣的にお金の積み立てができない…」というユーザーにとっては、特に便利なサービスとなっています。


参考:THEO+docomo|公式サイト

【ワンコイン】からのロボアドバイザー、「LINEスマート投資」

わずか500円という少額から、ロボアドバイザーによる積立投資をスタートできる、として話題を呼んでいるのが、LINEスマート投資の「ワンコイン投資」。
投資用資金はLINE Payから自動引き落としとなるため、投資用資金入金の手間暇も必要ありません。

「気軽にスタートできる」という点が大きなアピールポイントとなりますが、ニューヨーク証券取引所などに上場しているETF(上場投資信託)から投資対象を選別したうえで、

  • 株式
  • 債券
  • 不動産

に幅広く分散投資できる優れもの。
当然、他のロボアドバイザーサービス同様、ポートフォリオ構築やリバランスはロボアドバイザー側にて自動で執り行ってくれます。

積立金額の変更もマイページ内からごく簡単に行うことができ、LINEユーザーのみならず、投資初心者・未経験者を中心に、幅広く人気を得ているサービスでもあります。


参考:ワンコイン投資(LINEスマート投資)|公式サイト

楽天証券提供のロボアドバイザー「楽ラップ」

国内金融大手「楽天証券」が提供しているロボアドバイザーとして注目されているのが、楽ラップ。
2016年7月にサービスが開始されて以降、ロボアドバイザーによる無料診断を受けたのは20万人以上(2018年3月末時点)。既に2万人以上の投資家が、実際の資産運用を開始しているサービスです。
16問の質問に答えることによって、各投資家に合致した運用コースが提案され、毎月自動の積み立てももちろん可能。
基本的に高リスク・高リターンの傾向が強い株式市場において、特に値動きが大きい状況が続いた場合、比較的ローリスク・ローリターン性向の強い「債券」の配分を自動で増やす、「下落ショック軽減機能(TVT機能)」がセットアップされた運用コースも用意されています。
手数料については、下記の2パターンが用意されています。

  • 固定報酬型:
    毎月、運用資産残高に、一定の比率を掛け合わせた「固定報酬」を支払うパターン。
    ※最大年率0.715パーセント
  • 成功報酬併用型:
    固定報酬については、最大年率0.605パーセントとし、代わりに、運用益の5.5パーセントを、成功報酬として支払う(固定報酬と成功報酬の併用)タイプ。

※なお、楽ラップによれば、楽ラップ契約者のうち約7割の投資家が、固定報酬型を選択しているとのこと。

運用コースとしては、下記の9コースが提供されています。

  1. 保守型(下落ショック軽減機能なし)
  2. やや保守型(下落ショック軽減機能なし)
  3. やや保守型(下落ショック軽減機能あり)
  4. やや積極型(下落ショック軽減機能なし)
  5. やや積極型(下落ショック軽減機能あり)
  6. 積極型(下落ショック軽減機能なし)
  7. 積極型(下落ショック軽減機能あり)
  8. かなり積極型(下落ショック軽減機能なし)
  9. かなり積極型(下落ショック軽減機能あり)

参考:楽ラップ|公式サイト

マネックス証券のロボアドバイザー「マネックスアドバイザー」

利用開始時に5つの質問に回答すれば、その後、ロボアドバイザー側にて、2,000通り以上の資産配分・組み合わせの中から、各投資家にマッチした投資プランを提案してくれます。
さらに、ロボアドバイザー先進国であるアメリカ合衆国の例に倣い、マネックスアドバイザーの手数料は、預かり資産残高に対して0.5パーセント弱(※一般的なロボアドバイザーの場合、1パーセントが相場)と低率に設定されています。

加えて、マネックスアドバイザーの独自サービスとして「スタート積立」と仕組みが整備されており、

  • 一部資産の売却を伴う(=含み益に応じて、税金が発生するケースあり)、一般的なリバランスではなく、
  • 積立資金を原資に、一部資産の買い増しを行うことより、「売却益を発生させない」リバランス、

の機能も提供されています。
※売却益によって投資元本が減らない分、効率的な資産運用(複利メリット)が狙える、とされています。

ポートフォリオとしては、「標準ポートフォリオ」のほか、自分自身でポートフォリオ設定を行う、「自分でポートフォリオをつくる」「プロの見通しを反映してポートフォリオをつくる」という2パターンが提供されており、投資中級者以上にとっても使い勝手の良い(=自由度の高い)サービスが提供されています。


参考:マネックスアドバイザー|公式サイト

1,000円から始められるロボアドバイザー「マネラップ(MSV LIFE)」

上掲のマネックスアドバイザーと同じく、金融大手、マネックスグループの提供するロボアドバイザーサービス。前掲の各種ロボアドバイザーサービスと同じように、主に国内外の低コスト上場投資信託「ETF」へと分散投資を行います。

マネラップ(MSV LIFE)の最大の特長は、1,000円というごく小額から投資をスタートできること。
まとまった投資資金の用意が難しい若年投資家や、投資の初心者にも、ごく気軽に投資をスタートしやすい、という特色があります。
基本となる投資計画タイプには、下記の3種が用意されています。

  • 「ためる」タイプ:
    まとまった資産を作りたい投資家向けの計画タイプ。
    少額から開始でき、長期、かつ継続的な積立投資に重点をおきます。
    ※投資開始時に「おまかせコース」を選んだ場合、自動的に「ためる」タイプの資産計画が提案されるようになっています。
  • 「そなえる」タイプ:
    前掲の「ためる」タイプと、後述の「たのしむ」タイプを組み合わせることで、トータルサポートを実現することを目指す計画タイプ。
  • 「たのしむ」タイプ:
    今ある資産の有効活用をサポートする計画タイプ。
    投資家としては、現在保有している資産を少しずつ、取り崩しながら資産を運用することができます。

参考:マネラップ(MSV LIFE)|公式サイト

まとめ

最後に、ここまでご紹介した情報を整理しておきましょう。

  • ロボアドバイザーには、「助言型」と「一任型」の2種類がある。
  • 一言に「一任型」といっても、ロボアドバイザー業者によってサービス内容には相違があるので、チェックが必要。

そして、国内の主要ロボアドバイザーとしては、主に下記7社となります。

いずれのロボアドバイザーサービスの場合も、その他の投資手法(例:不動産投資など)と比し、ごく小額からの投資スタートが可能ですので、まずはその特徴を生かし、

  1. 複数のロボアドバイザーサービスに投資口座を開設しておき、
  2. いずれも、少額の積み立て投資をさせてみて、
  3. 各ロボアドバイザーサービスの特長を見極めつつ、最終的に資金を集中させるロボアドバイザーを選ぶ(=自身にあったロボアドバイザーサービスに資金を集中させる)

という手法を取る投資家が多いようです。