ウェルスナビの評判は

ウェルスナビの世間的な評判

ウェルスナビは国内で非常に人気があるロボアドバイザーです。世間的な評判はかなりよいです。世界水準の金融アルゴリズムとなっており、これまではどうしてもこの手のものは一部の富裕層とか機関投資家など大きな資金を持つ人たちしか利用する事ができなかった、ということがあるのですが、それが誰でも使えるように、誰でも資産運用できるように、となったのが、ウェルスナビになります。相場の動向などに敏感に対応することもできますし、それらに惑わされることなく、自動で資産運用をすることができるようになっていますから、ある意味で投資において楽ができる、ということになります。世界的に元々、かなり評判がよい投資アドバイザー的なロボでした。AI、つまりはアルゴリズムが極めて優秀であり、それなりの実績を残しているということがありますから、そうした点が利用する側としては有難いことになっています。まず、開発に用いられた理論というのが評判になりました。それがノーベル賞受賞者が提唱する理論であったからです。そうしたかなりレベルの高い金融アルゴリズムで、一人ひとりに合ったポートフォリオを自動で組む、ということに利点があり、評判になったわけです。自分で少なからず様々な知識があって、投資のためのポートフォリオの基礎を考える必要性などがあるわけではなく、全て任せられるところに魅力があります。

ウェルスナビと手数料の評判

当然ですがロボアドバイザーというのはウェルスナビに限ることなく、利用することにコストがかかることになります。もちろん、無料で利用することができるような形で提供されているロボアドバイザーというのもあったりはしますがそういうものはあまりアルゴリズムが優秀でなかったりします。つまりは、無料のものは無料のものとしてその程度の能力であることが多いわけです。では、ウェルスナビはどうなのか、といえば手数料は預かり資産の1%が原則であり多少細かく税金云々のことを言えば利用するための負担というのはもう少しあったりはするのですがこのロボアドバイザーの運用コストという点においては資産の1%という多少分かりやすくなっているというのが魅力です。固定の費用がかかるというわけでもありませんし、費用の点では他には金融機関に振り込む時の手数料くらいになっています。こうした点がよい手数料の評判として繋がっていると言えるでしょう。原則1%ということを示しましたが、正確に言えば3%を超える部分などは年率0.5%で利用することができるようになっていますし、入金ではクイック入金、自動積立も無料です。出金手数料もなし売買手数料などもなく為替手数料も無料です。口座開設も当然無料でやってもらえることができるのではっきり言ってそれ以外に費用がほとんどかからないと言っても良いロボアドバイザーになっているといえるでしょう。手数料の評判というのが割と重要になってくるのはやはりダイレクトに取引コストに影響してくる部分であるからであり、そういう意味においてこのウェルスナビというのは相当に利用者側に有利なものであるといえるでしょう。また、長期割というサービスもやっています。これは続けることを、投資を継続的にやってもらうことを応援するものであり、資産を形成するには、長く続けることがとても重要である、という考えの元、資産運用を継続した期間と運用金額に応じて、手数料を割り引くというサービスです。最大0.90%まで手数料を割り引くことができるようになっています。

ウェルスナビの自動取引の評判

ウェルスナビでは従来の資産運用のプロセスはすべて自動化させることが可能です。資産運用の手間をゼロにする事ができて、忙しくて資産運用がなかなかできないという人のためにウェルスナビが変わって資産運用をするということができるからこそ自動取引のような形で取引をやっていくことができます。この際自動的に資産のポートフォリオを作ってやるということの評判はなかなかよく、素人が自分で組み立ててやるよりもこちらである程度の情報を与えつつ、ウェルスナビによって資産運用のポートフォリオを構築してもらった方が結果として良かったという実績が少なからず残っているわけで実にそういう意味での評判が良いロボアドバイザーとなっています。自動取引ではなく、自分で取引の判断をしたいと言う人には向いていないということが多いですが、投資を任せてたいがファンドなどではなく、と考える人には自動取引はかなり利点があるといえるでしょう。

ウェルスナビの投資対象の評判

国内の取引は当然ですし、様々なリスク分散などを行ってくれるという点においても非常に優秀なウェルスナビなわけですが、その投資対象となるものもそれなりに評判になっています。それはETF(上場投資信託)を通じて、国際分散投資も可能であるからです。ウェルスナビでは海外上場ETFの中でも相対的に低コストなETFが投資の対象となっています。相対的に低コストな銘柄として利用することができるところなのって言って利益が出た時の負担というのも軽くなりますし、投資である以上仕方のないことではありますが損失を出すこともあるのですがその時に投資自体の損失とさらに手数料ということになってしまうのでその手数料を少しでも低くするという点においてこれもかなり優秀な投資対象と言えるでしょう。まだ最低の運用コストが10万円からという投資としてはかなり低い金額から行うことができるという点も魅力的な風になっています。 自動積立を淡々とやっていくというようなこともできます。自動積立は、毎月決まった金額を積立ながら投資することができる機能であり、最低1万円以上から可能です。どのような相場であろうともその相場の変動に惑わされることなく、どんなときも淡々と運用資金を自動積立していくということができるのも利点であり、変わることのない積立をして行けるので確実な投資の金額増加ができるので多くの人がこれを選択しています。

ウェルスナビの取引手法の評判

ウェルスナビというのはスマホがひとつあるだけで世界水準の投資が実行できるということで実に楽に始めることができるという点が魅力的になっているわけです。では、肝心のどうやって運用プランが提案されるのかということですね六つの質問に答えるだけで運用を提案してもらうということができるようになっています。発注も積み立ても投資のバランス調整などもすべて自動でメールする何がやってくれるので投資の知識が足りないとかほとんどないというような人でも問題なく、その投資プランを提供してもらうということができます。一応はその投資プランが良いのかどうかというような判断に関してはさすがにそれなりに自分で判断しなければならないということになりますが、ウェルスナビ自体が世界水準の投資アルゴリズムを用いているということを前提に考えるのであればその点はそこまで心配することではないでしょう。長期・積立・分散のシミュレーションによって中長期的に世界経済の成長率を上回るリターンを目指すということができるようになっています。つまりは、世界経済は良い時も悪い時もあるわけですがそのどんな状況であろうともそれを超えるリターンを目指せるようになっています。


ウェルスナビ関連記事一覧|ロボアドバイザー・ラボ

ロボアドバイザー・ラボとは|About the Author

ロボアドバイザー・ラボ
ロボアドバイザー情報専門メディア、ロボアドバイザー・ラボ。
ロボアドバイザーに関する専門情報をお届けします。

【メディア掲載】(※一部。順不同。)
・財経新聞
・朝日新聞デジタル
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・Mapionニュース
・楽天Infoseekニュース
・エキサイトニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス