ロボアドバイザーは、いくらから?

ロボアドバイザーでの投資いくらから出来るのか

今話題のロボアドバイザーを利用した投資、これは気になりますね。
素人には難しい投資、普通に株を購入するのも怖いですし、投資信託を始めるのもどの会社にすればとか、疑問は多いものです。
ロボアドバイザーならば、コンピューターが最適な投資を考え出して運用してくれるので、おまかせ投資ができるのです。
これ投資関係の素人だけでなく、時間がなかなか取れない忙しい人達でも、安心して運用ができるというものです。
ただ特に素人の場合、気になるのはお金のことです。
投資のプロの場合、1000万単位で投資をするのも珍しくありません。
しかし素人ではそれはとっても無理です。こう言ってはなんですが、ちょっとした月々のお小遣いを投資に回して、少しでもお金を貯めたいという人がほとんどです。
なので、いくらから開始できるのか、最初の入金はいくらなのかこれが最も大きく去就を決めるところでもあります。
しかしこれも会社によって、結構な違いがあります。
また同じロボアドバイザーを使用した投資でも、運用方法も違ってきます。
そのため、初期費用にも違いが結構大きく出てきます。
予算に応じて、また投資の目的に応じて決めていきたいところですね。

ロボアドバイザーを使った投資いくらからも大事だけど

いくらから投資ができるのか、初期費用はどのくらいかかるのか、これもちょっと調べると多くの情報が得られます。
小さな金額では、初期に1万円からという会社も、見受けられます。またちょっと、最初の投資の場合二の足を踏む、50万円からというところもあります。
じゃあ勿論1万円のところから始めて様子を見てみよう、と思ってしまうのは当然のことです。
しかしここで焦ってはいけません。
ロボアドバイザーを使っての投資を代行してくれる会社、その投資方法には種類があるのです。
まず1つ目は、一括で投資して運用して貰う方法です。この方法をとっている場合、最初の金額はちょっと大きめになります。
ただその後はそのまま、そのお金をロボアドバイザーが運用してくれるのを見ているだけで済むのです。
もう1つは、最初に預けた金額に加えて、月々一定のお金を積み立てるように投資してく方法です。
この場合、最初に預ける金額は少なくて済みますが、月々銀行口座から一定金額が引き落とされていきます。
どちらの方法を取るかで、初期に必要な金額も違ってきますので、運用方法をしっかりと調べて後、会社を選ぶことが重要になってきます。
若い人で一定収入があれば、月々積立というのも後のために有効ですし、無駄遣いせずにも済みます。
しかし収入が不安定で、今あるお金で投資をという時には、一括での運用のほうが向いているということですね。

ロドアドバイザーを使っての投資はいくらから開始

さてでは標準的に最初の投資金額、いくらからにっているのかを見ていきましょう。
積立方式の場合、最低投資金額は1万円からという会社も見受けられます。
その後毎月、これに加えての積立が必要になります。少しずつ投資が増えていくということですね。
だいたいこのタイプの場合、初期投資金額は1万円から10万円と見て間違いありません。
一括での運用の場合はどうなのかといいますと、これに関しては結構大きく金額に差が出てきます。
初期の最低投資金額が10万円でも、そのまま運用してくれる会社もあります。この金額、積立型と重なる金額ですので、その点に注意が必要ですね。
大体の会社の場合この一括での最低投資は、50万円が多いです。
50万円というと、これ大きいなと思うでしょうし、確かに一度に投資するにはちょっと、素人には不安な金額でもあります。
しかし積立型の場合でも、結局続けていればこの金額にまでなっていくので、結果は同じことになりますね。
後は生活のタイプや、一定の収入があって月々に積立ができるかどうか、などにかかってきます。
つまりは、その人によっての好みと生活状況の夜ということです。

ロボアドバイザーでの投資最低投資金額はいくらからはわかるけど

ではこの投資、どちらのタイプがおすすめなのかと言う問題です。
初期最低投資金額を踏まえた上で、勿論進めなくてはなりません。
実際にお金がない限りは、一括投資は難しくなりますし、一定収入がなくては積立は長く続けられません。
当人の生活状況は、こういった投資においてまず把握していかなくてはならないことです。
自分の限界以上の投資をすれば、どこかで破綻するか、無理がたたって途中リタイアということになります。
いくらから出来る、というのは大事ですが、どの程度続けられるかというのがこういった投資には大事になります。
一つの株を購入して、その会社の業績で株価の上がり下がりを一喜一憂するのと違い、ロボアドバイザーを使用した投資とは違います。
ロボアドバイザーを使用した場合では、いくつもの有望な会社の株を購入、損の出ないように運用してくれるのです。
個人で素人には難しい、外国株もその範疇に入ります。
これを一括して委託するか、月々積み立てていくかを選ぶことは、その後の投資人生にも影響を与えます。
最初にいくらくらいかかるのか、というのは勿論大事です。
しかし最初にかかる費用だけで運用会社を選ぶのではなく、この一括か積立かと言う問題にももっと目を向けたいところですね。
もしどうしても、月々はなかなか難しいけれど一括での最低投資金額も用意できない、などという場合には焦らずに機会を待つようにしてください。
無理に運用開始して、無理がたたるようなことのないように、まずは初期投資金額を用意しておくことが必要です。

ロボアドバイザーはいくらから始められるのかまとめ

ではここで、ロボアドバイザーを使用した投資に、いくら位用意すれば良いのかを再度把握しておきましょう。
1万円で始められる、最低投資金額が1万円くらいの場合は、その後積立が必要になると見て間違いありません。
これが安いと飛びつく前に、しっかりと条件を調べてください。気がついてみたら、毎月お金が引き落とされていたので驚いた、などという人もいます。
そんなちょっと間抜けなことにならないように、投資前に説明を熟読しておきましょう。
10万円くらいで始められる場合、これは注意してどちらのタイプかをしっかり把握してください。
この金額の場合積立タイプが多いのですが、会社によっては最低投資金額が10万円でも、一括投資で引き受けてくれるところもあります。
積立するつもりでいたら、一括投資になっていたとか、逆に月々引き落としがされていてびっくり、等の無いように気をつけたいものですね。
この金額がボーダーライン上にありますので、特にこの金額で始められる会社の場合、内容に注意してください。
50万円の初期投資が必要な会社の場合、これはほとんど一括投資のタイプです。
50万円のお金さえ預けておけば、後はロボアドバイザーが最適な投資をしてくれます。
投資した本人は、損が出ていないかをチェックする程度で住みます。
特に忙しくて、あまり相場のチェックとか運用とか出来ない、でも何とかこの程度のお金は捻出できる、と言う人には最適です。
どのタイプの、どの金額のロボアドバイザーによる投資でも、正直銀行に預けておくよりはお金を生み出してくれます。
ただそこには、金融取引と言う世界には当然のことですがリスクも勿論存在します。
そこもまた踏まえて、最初に必要な金額だけでなく、いくらかかるのかだけでなく見極めて開始したいものですね。

ロボアドバイザー・ラボとは|About the Author

ロボアドバイザー・ラボ
ロボアドバイザー情報専門メディア、ロボアドバイザー・ラボ。
ロボアドバイザーに関する専門情報をお届けします。

【メディア掲載】(※一部。順不同。)
・財経新聞
・朝日新聞デジタル
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・Mapionニュース
・楽天Infoseekニュース
・エキサイトニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス