ロボアドバイザーと投資信託の違いを考える。

ロボアドバイザーと投資信託【投資方法の違い】

ロボアドバイザーと、投資信託では方法に違いが出てきています。投資信託は、インターネット上でのやり取りや、投資信託の商品を展開する金融機関の窓口での取引を進めることが一般的とされています。その一方で、ロボアドバイザー投資は、専用のアプリを使って取引を行うケースが最もポピュラーとなっています。非常に気軽にロボアドの投資を進めることのできる環境が、昨今は随所で設けられています。ロボアドバイザーの投資を取引する当事者の意向に沿って進められるほか、自動で投資を進めるためのノウハウが養成されたものもしばしば見受けられています。ネットや金融機関窓口で行う投資信託とは異なり、ロボアドバイザー投資をアプリで行う際には、場所や時間に縛られずに投資できるメリットが生み出されています。
また、ロボアドに特化したアプリも多くのユーザーによって利用されるようになってきており、有効に活用される機会が増加しています。アプリを通じて、様々な金融商品に対して手広く投資のできる事例も出てきていることから、ユーザーの希望する投資のビジョンを実現できる可能性が高くなっていると考えられています。自動で投資の進め方を考えたり、最適な投資のポジションを模索したりすることが、ロボアドバイザーの特徴的な部分として掲げられています。そのような特徴についても、専用のアプリを使うことによって実践できる機会が設けられており、ロボアドバイザー投資初心者にとっても安心できる材料です。

ロボアドバイザーと投資信託【初期費用の違い】

投資を行う際の初期費用は、投資信託が100円からスタートするケースが多いとされています。非常に少額から投資信託にチャレンジできる部分は、投資に慣れていない人でも安心できるところとして取り上げられています。その一方で、ロボアドバイザー投資では、初期費用は1万円からというケースが最も多いのではないかと考えられています。最初の段階では、ある程度まとまった金額を投資につぎ込む必要があるため、投資信託との違いとして抑えておくべきとされています。ロボアドバイザーに特化したアプリを使う場合も、初期の投資金額として、1~2万円が最低ラインになる事例が多く見受けられています。そのため、このような形式で、ロボアドの投資方法を選択する際には、初めの投資額をしっかりチェックするべきではないでしょうか。
以前は、数万円以上の金額が、ロボアドバイザーの方法で展開する投資では初期の際に必要とされていました。しかし、ここ数年はより定額から投資のスタートできる環境が形成されるようになり、投資信託のような気軽さが少しずつ出てきつつあります。積立を進めるにあたっても、1つの単位に違いが出ています。投資信託では数百円単位で実現できる場合が多いものの、ロボアドバイザーでは数千円単位での投資が基本になるためです。初期投資と同様に、このような投資の単位にも違いが出ており、チェックする必要のある部分となります。

ロボアドバイザーと投資信託【資産運用時の方法の違い】

実際に資産運用を行う際には、従来型の投資信託ではすべてのプロセスを投資する当事者の意向で決定する必要がありました。どの金融の商品を選ぶのか、どのタイミングで発注、入金するのかなど、全ての判断を進める必要があったため、その点が手間であると感じるトレーダーも多いのではないかと考えられています。ロボアドバイザーでは、このような判断プロセスをすべてオートメーション化することができるため、非常にスムーズに投資の活動ができます。また、様々な金融商品についてのデータを集約したうえでこのプロセスが進行することから、的確に判断できるところも売りのひとつとして挙げられています。
このような特徴は、標準的な投資信託の進め方とは大きく異なる部分とされ、ロボアド投資の魅力となっています。投資の初心者であっても、自動で資産の配分から最終的な取引の成立までサポートされるため、実践しやすいと言えるのではないでしょうか。現在では、投資の際に資産運用をできるだけ自動化させたいと模索する投資家が増加しつつあります。そのようなニーズに合致している点は、ロボアドバイザー型の投資の良いところとしてしばしば取り上げられており、積極的にこの方法で投資を進めるきっかけとなっています。すべての判断や決定を自動で進める手法については、今後もこの投資方法では標準となるでしょう。また、投資に慣れていない人でも円滑に取引できる環境作りにも寄与すると見込まれています。

ロボアドバイザーと投資信託【投資家の負担の違い】

投資家たちの負担の度合いも、各投資信託の方法で大きく異なってきます。従来式の投資信託では、様々な金融の知識や情報を自力で得ながら、取引の形を作る必要があり、負担の度合いが大きいとされています。ロボアドバイザーになると、そのような情報や知識などは、充実していなくても投資や資産運用に参加できるという特徴が確立されています。現在の金融情勢や、株式やインデックスファンドなどの基礎的な知識が追いついていない場合でも、自動での取引が進められます。そのため、気軽に投資信託を展開できることにも関わっているとされています。
ロボアドバイザー投資では、単に取引を自動で進めるだけではなく、その時々で情報を集めながら最適な判断を下す役割も担っています。投資家が自力でカバーできない情報収集の領域にも対応する場合も多く、専用のツールなどでロボアドの投資が充実したものとなっています。こうしたポイントは、投資信託を効果的に進める上では欠かせないものであるとされています。そのため、多くの投資家たちが、ロボアドバイザーの方法を取り入れながら、投資の在り方を多彩なものとしているのではないでしょうか。投資家にとっては、このような投資を進める際の負担が軽減される部分は、非常に大きな利点として捉えられています。ロボアドの投資を積極的に取り入れることにも直結する、重要な要素であると言えるのではないでしょうか。

ロボアドバイザーと投資信託【リスクヘッジの違い】

リスクを低減させるための在り方については、自動での取引を進めるロボアドバイザーの売りのひとつとして掲げられています。通常の投資信託においては、自分で取引を進行させるため、リスクヘッジが確実にできているのかは常時不透明です。そのため、確実に利益の出ると考えて進めた投資によって、損失の出る可能性は常に付きまとっています。どのような投資の進め方が最適なのかは、確実に判明させることが難しいと考えられていることから、その点が投資家にとっても重要なポイントのひとつとして認識されています。
ロボアドバイザーの投資の方法では、自動で投資を進める特性上、リスクヘッジに関する考え方も徹底されています。これまでの取引実績や騰落などを福江筒、今後の見込みを立てる点が充実したものとなっているためです。ロボアド投資の専用アプリやツールでは、こうした将来的なリスクヘッジを重要なポイントのひとつとして位置付けつつ、その時々で最適と判断できる取引の内容を決定していきます。実際にロボアドバイザーの投資を取り入れるトレーダーからは、リスクヘッジに関しての効果を実感する意見も挙げられています。大幅に損失の出ないように、手堅くかつ幅広い領域に投資信託を進めるスタイルがポピュラーとなるためです。この特徴を持ったロボアド型の自動の投資信託では、今後もよりリスクヘッジを強く意識した方法や考え方が浸透すると見込まれています。取引を行う際のリスクの取り方を、バランス良く考慮することが期待されるでしょう。

ロボアドバイザー・ラボとは|About the Author

ロボアドバイザー・ラボ
ロボアドバイザー情報専門メディア、ロボアドバイザー・ラボ。
ロボアドバイザーに関する専門情報をお届けします。

【メディア掲載】(※一部。順不同。)
・財経新聞
・朝日新聞デジタル
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・Mapionニュース
・楽天Infoseekニュース
・エキサイトニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス