ロボアドバイザーTHEOのアプリについて

ロボアドバイザーTHEOのスマホアプリ

ロボアドバイザーでは「WealthNavi」と人気を2分しているのが「THEO」です。THEOもWealthNavi同様、いつでもどこからでもサービスが利用できるように、スマホアプリを提供しています。iPhoneとAndroidの両方に対応しており、パソコンとほとんど同じ機能が搭載されています。

アプリを立ち上げ、「ログイン」をタップし、メールアドレスとパスワードを入力してログインすると、現在の損益・運用状況が表示されます。そして、画面には以下の5つのメニューアイコンが並んでいます。それぞれ、以下の機能があります。

  1. ホーム:
    ・現時点の運用状況の概要の確認
    ・運用状況や推移のグラフの掲示
    ・保有銘柄及び各銘柄の時価評価額の確認
    ・ニュースの配信
  2. アクティビティ:
    ・入出金履歴の確認
    ・お知らせ(運用実績報告書など)の確認
  3. 積立:
    ・積立の設定状況の確認
    ・確定引落し及び次回引落し詳細の確認
    ・引落し口座情報の確認
  4. 入金:
    ・クイック入金と銀行振込の実施
  5. マイページ:
    ・資産運用方針(ポートフォリオ)及び運用プロフィールの確認

例えば、入出金履歴を確認したい場合は、「アクティビティ」のアイコンをタップすると、「入出金履歴」と「お知らせ」の項目が表示されます。入出金履歴をタップすると、詳細が確認できます。

ロボアドバイザーアプリによるTHEOの登録・口座開設

始めに、THEOのスマホ用アプリをダウンロードします。THEOの口座開設はアプリからもできます。なお、登録には一切の費用がかかりません。

  1. アプリを立ち上げます
  2. 「新規登録」をタップします。アプリの使用方法の説明が5ページ表示されます。説明を読んだら「THEOに新規登録(無料)」をタップします。
  3. 運用プランを決める以下の5つの質問に答えます。
    年齢、年収、貯金額、現在の金融資産額、THEOでの初回運用額
    質問の回答を終えると、すぐに診断結果が表示されます。
  4. 診断結果を基に自分に合ったプランを設定します。
  5. 「メールアドレスで登録する」をタップします。
  6. 登録したメールアドレスに、「新規登録のお知らせ」メールが送られてきます。
  7. 届いたメール内の「メールアドレスを認証する」をタップし、パスワードの設定をすれば登録が完了です。

そのまま口座開設に進みます。

  1. パスワードの設定をした後、「次へ」をタップします。
  2. ページに資産運用方針が表示されます。「次へ」をタップします。
  3. 「お客様情報入力」の画面で個人情報を入力していきます。
  4. 口座種別選択(特別口座または普通口座)を選択します。THEOの運用利益に対して確定申告をしたくない場合は、特別口座(源泉徴収あり)で設定します。
  5. 各種確認事項に同意し、「この内容で登録する」をタップします。
  6. 最後に本人確認書類をアップロードし、「内容に同意して契約を申込む」をタップして手続きが完了です。

THEOの登録・口座開設が完了すると、数日後に登録完了のハガキが送られてきます。

ロボアドバイザーアプリによるTHEOの口座への入金

アプリからTHEOの口座に入金する方法は、銀行振込とクイック入金の2つの方法があります。メニューアイコンの「入金」をタップすると、以下の2つが表示されます。

銀行振込

  1. 「銀行振込」をタップします。
  2. 入金した金額を入力して「銀行サイトへ進む」をタップします。
  3. 銀行サイトへ移動するので、画面の指示に従って操作を行えば入金手続きが完了します。

クイック入金

  1. 「Webからクイック入金」をタップします。
  2. その後は、銀行振込と同様の処理になります。

銀行振込では、15時までに振込むと、最速で当日の17時に運用口座へ反映されます。なお、銀行振込の場合は運用口座に反映するまでに時間がかかることと、振込手数料を取られるというデメリットがあります。

一方、クイック入金なら、所定の銀行口座から運用口座に瞬時に入金することができます。しかも、手数料が無料のため、入金はクイック入金の方がお得です。なお、クイック入金の提携先には大手メガバンク3行と「住信SBIネット銀行」、「じぶん銀行」の5行があります。もし、5行のいずれかの口座を保有していない場合は、事前に口座を開設しておく必要があります。

ちなみに、最低入金額は10,000円からとなっています。

ロボアドバイザーTHEOアプリによる積立設定方法

  1. アプリのトップ画面の「積立」をタップします。(THEOに銀行口座を登録してあると、「引落し口座」に登録した口座情報が表示されます。)
  2. 銀行口座を登録していない場合は、「積立を設定する」か「Webから積立設定」のいずれかをタップします。
  3. 引落し口座の設定画面が表示されるので、表示されている銀行名をタップします。銀行名が表示されていない場合は、「銀行名を検索」欄に銀行名を入力すると表示されます。
  4. 銀行名をタップすると、口座情報を入力する画面に切り替わります。口座情報を入力して、「次へ」をタップします(金融機関側のページへ遷移)。
  5. 銀行側のWebサイトの画面の指示に従って操作すれば手続きが完了です。

引落日は毎月5日です。積立設定の場合は最低10,000円から1,000円刻みで積立てることができるため、まとまった資金を投資できない人でも気軽に投資ができます。

ロボアドバイザーTHEOアプリによるポートフォリオ・運用プロフィールの確認・変更

ポートフォリオ(資産配分)や運用プロフィールの確認はマイページで行います。

  1. アプリでログインします。
  2. マイページをタップします。
  3. 「ポートフォリオ」と「運用プロフィール」の項目が表示され、現在の「資産運用方針」の数値(比率)が表示されます。

ポートフォリオはTHEOでの利益を左右する重要な要素です。投資一任型のロボアドバイザーだからといって放置せずに、こまめにチェックすることが肝心です。なお、一任型のロボアドバイザーの場合はポートフォリオの編集はできませんが、アドバイス型であれば編集が可能です。

一方、運用プロフィールでは「運用指針」、「おまかせ設定」を変更できます。ただし、設定変更は1年に2回までしかできません。

ロボアドバイザーTHEOアプリにある機能の利用

マイページにあるメニューボタン「…」をタップすると、色々な項目が並んでいます。項目をタップすると各ページに移動します。

お客様情報

「お客様情報」をタップすると、THEOに登録した情報を見ることができます。ただし、このページから登録情報の編集は行えません。登録情報を変更したい場合は、THEOのWEBサイトから行います。

出金

  1. 出金をタップします。
  2. 出金申請をタップします。
  3. 画面の指示に従って操作すると、出金が完了します。

手数料

預り資産額に対する手数料の利率が明示されています。手数料については、細かく書いてあるだけで分かりにくいサービスが多くなっていますが、THEOの手数料は明確です。ちなみに、ETF売買手数料や出金手数料、為替手数料は投資一任報酬に含まれているため、無料と記載されています。

よくあるご質問

「よくあるご質問」のページではポートフォリオや出金、入金などのアイコンが大きく表示されており、わかりやすいデザインになっています。質問に対する回答も大きな文字で記載されています。

お問い合わせ

「お問い合わせ」をタップし、「お問い合わせフォーム」をタップするとフォームが表示され、名前とメールアドレスを入力し、質問をしたいことや確認したい内容を書いて送信すればOKです。

ロボアドバイザー・ラボとは|About the Author

ロボアドバイザー・ラボ
ロボアドバイザー情報専門メディア、ロボアドバイザー・ラボ。
ロボアドバイザーに関する専門情報をお届けします。

【メディア掲載】(※一部。順不同。)
・財経新聞
・朝日新聞デジタル
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・Mapionニュース
・楽天Infoseekニュース
・エキサイトニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス