ロボアドバイザーで大損するリスクとは?「1億人の投資術」等有力ブログの参考例や失敗談を紹介

初心者でもカンタンに資産運用できるロボアドバイザーですが、損失のリスクが怖いですよね。

そこでこの記事ではロボアドバイザーのリスク管理や失敗談について紹介しています。

ロボアドバイザーを始める前に、メリットやデメリットを把握して、ロボアドの資産運用の検討してみてください。

ロボアドバイザーのカンタンな説明

ここでいうロボアドバイザーとは全てお任せのタイプです。

ウェルスナビやテオなど、お金(資金)を入れれば自動で買い付けをしてくれるタイプですね。

毎月の積立投資も可能で、主に外国株を運用しているのが特徴です。(基本的に「国際分散投資」を行うロボアドバイザーです)

短期で大きなリターンは見込めませんが、長期で資産を増やしていきます。

ポートフォリオも自動で作ってくれるので、自分でチョコチョコいじる必要もありません。

ロボアドバイザーで損失する理由は?

相場の急な暴落

ロボアドバイザーも相場の変動次第で損失になる可能性はあります。(やめない以上は含み損の状態ですが、元本割れの可能性はあります)
わかりやすいのが、ブログで資産運用を公開しているマナブさんの「【損失あり】ウェルスナビをレビューする【ステマなしで実績公開】」という記事の損失分析です。

彼の記事は、相場の波が激しかった2018年の運用データで、なぜロボアドバイザーで損失が出たのか詳しく分析されています。

ここでカンタンに要約すると「たとえロボアドでも相場が荒れれば損失は出る」ということです。

マナブさんも仰ってましたが、”自分(人間)が運用していたら、更に損失が出ていたかも”という話です。

ロボアドバイザーだから最小限に留められたので、言ってしまうと不幸中の幸い。

そしてロボットアドバイザーでも、急な暴落では損失(含み損)はでてしまうということです。

投資が短期間

ロボアドバイザーは基本的に長期投資を前提に運用します。

ですので、先ほどのように急な暴落でマイナスになった時、人は恐怖にさらされます。

そして「怖くなって損切りしてやめた」という口コミの失敗談はよくあります。

これは長期運用の視点が弱かったための失敗例です。

ロボアドバイザーは短期間で大きな利益は出ません。

時間を味方につけて資産を大きくすることが目的です。

含み損と損切りについて

投資がはじめての人にはピンとこない言葉かもしれないので、カンタンに説明しますね。

  • 含み損…買った時により安くなり損する状態のこと。損失は確定していません。
  • 損切り…含み損がある状態で投資商品を売ること。損失が確定します。

ロボアドバイザーを運用する場合、長期保有を軸に考えるのが一般的です。

ですので、一時的な含み損で一喜一憂すると損する可能性が高いです。

損切りを考える場合は、状況を把握して冷静にご判断ください。

始める前に気をつけよう!ロボアドのメリット・デメリット

ロボアドバイザーの利点と欠点を把握すると理解を深まります。

自動資産の運用プランに活かしましょう。

メリット

  • 少額で始められる
  • 手間がかからない
  • 確定申告がいらない

ロボアドバイザーは、基本的に完全自動投資なのが魅力です。

チャートとにらめっこする必要はありません。

ロボなので感情に左右されないのも魅力ですね。

デメリット

  • 損失はある
  • 短期トレードは向かない

ロボアドバイザーでも損失がでる場合があるので、注意しましょう。

また短期投資は向かないので注意です。

ロボアドバイザーが大暴落した時の対処は?

ロボアドバイザーは基本的に『インデックス投資』なので、世界経済がマイナスなら赤字になります。

逆に言えば、世界経済がプラスに転じたら黒字になるわけです。

ですので短期的な赤字を心配するのではなく、今後の世界経済は伸びるのか、という点に着目する必要があります。

3~5年後、世界は豊かに進歩しているか。

この視点でロボアドバイザーを運用していくことが、年単位の長期的な運用の考え方になります。

その視点を踏まえて、ロボアドバイザーの運用を考えてみましょう。

リーマンショックを例にして

大暴落で有名なのが、アメリカの「リーマンショック」です。

リーマン破綻後のダウ平均株価はなんと「40%の下落」を記録しています。

しかし世界経済は立ち直りました。(時間軸では5年くらいです)

相場が下落し続けることはありません。

たとえばウェルスナビだと、そのシミュレーションも行えます。

大暴落が起きても耐えることができるかどうか、投資には忍耐が必要な時もあります。

ピンチはチャンス?赤字の状況は安い価格を買える

ロボアドバイザーが赤字の時は金融商品の値が下がっている状態です。

つまり、逆を言えば安く買える状態でもあります。

その状態を拾っていくのが、いわゆる積立投資です。

ロボアドバイザーでは自動積立にすることも可能ですので、

自動積立投資は精神的にも作業的にもラクな運用です。(感情に左右されず購入できるのもメリットですね)

時間のないサラリーマンが、ロボアドで自動積立投資をする理由がコレです。

ロボアドバイザーで損失した人のブログ

マナブさんのブログ|ウェルスナビ

先ほども紹介したマナブさんのウェルスナビのレビュー記事です。

損失を全く包み隠さずレビューしてるので、わかりやすいです。

また読みやすい文章なので、はじめて資産運用する人に参考になる記事です。

Ryotaさんのブログ|テオ

パラレルワーカーRyotaさんのテオ(THEO)のレビュー記事です。

ウェルスナビのレビュー記事は多い中、テオについて詳しくレビューしています。

元本割れして感じたことなど、良い意味で生々しく、かつ勉強になる記事です。

ロボアドバイザーで大暴落した人にもオススメの記事です。

タクスズキさんのブログ|楽ラップ

タクスズキさんの楽ラップの解約記事です。

こちらは損失の話ではないですが、解約の理由やタイミングが参考になる記事です。

  • ロボアドバイザーをいくつか回してる
  • ロボアドの資金を他(仮想通貨など)に回したい

そのような場合に役立つ情報が多いです。

いろはさんのブログ|楽ラップとウェルスナビ

WealthNAVIと楽ラップの比較記事ですが、この記事で重要なのが「焦って色々イジって失敗しちゃったよ」という部分です。

人はあせると、判断をミスります。

それがたとえロボアドバイザーの運用でもです。

ロボアドバイザーの大敵は自分自身かもしれない、そう思わせる実践記事です。

やりはじめて焦った時にオススメの記事です。

1億人の投資術|大手4つの比較

ウェルスナビ、THEO(テオ)、楽ラップ、マネラップ(MSV LIFE)。

この4社を徹底比較してる記事です。

著者の投資スタイルだと

  • ウェルスナビ
  • 楽ラップ
  • THEO(テオ)
  • マネラップ

の順が良かったようです。

まとめ:損失はあるけど、あせらず対処しよう

ロボアドバイザーでも損失はあります。

マイナスで含み損がでても、あせらずに対処しましょう。

ロボアドバイザー・ラボとは|About the Author

ロボアドバイザー・ラボ
ロボアドバイザー情報専門メディア、ロボアドバイザー・ラボ。
ロボアドバイザーに関する専門情報をお届けします。

【メディア掲載】(※一部。順不同。)
・財経新聞
・朝日新聞デジタル
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・Mapionニュース
・楽天Infoseekニュース
・エキサイトニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス