ウェルスナビのロボアドバイザーの上手なやり方・活用法

複利でお金を増やすロボアドバイザー・ウェルスナビの上手なやり方

ウェルスナビでしっかりと利益を出すためには、ロボアドバイザーならではの「複利」に注目してみてください。複利とは、資産運用で得たお金をまた投資して、どんどんお金を増やしていくことです。自動で再投資してくれるウェルスナビは、この複利に適した方法になりますが、より多く増やしていくためにはコツを押さえておくべきです。
そのコツとは、できるだけ早く始めることになります。ウェルスナビなどのロボアドバイザー投資のスタートを早め、複利のための時間を多くしておけば、たっぷりとお金を増やすことができるのです。複利は、時間をかければかけただけ増やしやすくなる方法なので、興味があるならさっそく始めてみてください。10年続けた複利と、20年続けた複利では、長い方の金額が大きくなります。30年、40年と続けていくことで、より大きな額にすることができるのです。
したがって、若い人ほどチャンスが大きいことになります。20代のうちからウェルスナビを始め、複利で雪だるま式にお金を増やしていけば、かなりの金額をためることができます。何十年も時間があるため、それだけ多く増やしていけるわけです。
もしウェルスナビを始めるかどうか悩んでいるなら、こうした複利のメリットが大きいやり方を踏まえて、よく考えてみてください。複利でお金を増やしていくことが大切なら、あまり長く悩まんだりせず、なるべく早くスタートを切りましょう。スピーディーに始めることができれば、複利のメリットを最大限に得られるようになります。

リターンを大きくするウェルスナビの上手なやり方

ウェルスナビでお金を増やすためには、リターンの大きさも見逃せないポイントになります。大きなリターンの方がよい場合は、やはりコツを知っておくようにしましょう。
リターンを大きくするための上手なやり方は、リスク許容度の変更です。ウェルスナビは、他のロボアドバイザーサービスと同様、最初にリスク許容度を設定することになりますが、それでリターンに不満を感じるようなら、いつまでも放置しておくのはよくありません。ときどき見直して、よりリターンが大きくなる許容度に変更してみてください。
リスク許容度というのは、要するに値動きの許容範囲のことです。金融商品の値動きがどれくらい許せるか考え、最初のリスク許容度を設定することになります。許容度の値が小さいほどリスクは小さくなりますが、リターンの方も小さくなってしまうので、注意してください。リスクを抑えるためにリスク許容度を下げていると、大きなリターンは期待できません。
もしその点が気になるようなら、もう一度リスク許容度を見直し、引き上げてみましょう。リスク許容度が上がれば、比例してリターンも大きくなります。リスク許容度は最大で5になっているので、最も大きいリターンを望むなら、目一杯上げてみましょう。それなら、しっかりとパフォーマンスを高めることができます。
ただし、上げるときは、市場の様子に目を光らせておいてください。リスク許容度を上げるということは、リターンだけでなく、リスクも大きくなってしまうということです。下落時はがっくりと落ち込むので、常に注意しておきましょう。市場が不調なときにMAXまで上げていると、大損する恐れがあります。リスク許容度の変更を行うなら、市場をよく見て、なるべく好調なタイミングを狙いましょう。それなら、失敗を回避しやすくなります。大きなリターンが欲しいときは、こうした対策も忘れずに行うようにしてださい。

【ロボアドバイザーならでは】時間の節約を可能にするウェルスナビの上手なやり方

投資をするときは、そのために割く時間の長さに悩んでしまうことがあります。大きな失敗を防ぐためには、細かく調べて慎重に進めていく必要がありますが、投資に時間を使いすぎてしまうのは問題です。あまりにも時間をとられすぎた場合は、他のことができなくなったりします。
それを防ぐために最適な方法は、ウェルスナビで自動積立を行うことです。ロボアドバイザーの特長を生かし、きちんと自動積立をしていれば、時間を節約できます。なぜなら、自分で苦労して行う部分がなくなるからです。
ウェルスナビの自動積立投資は、最初にしっかりと設定しておくことで、その名のとおり自動的に積立と投資を行います。わざわざ時間を作らなくても、勝手にやってくれるのです。
これは、普段忙しい仕事をしている人にぴったりな方法です。仕事で遅くなることが多く、なかなか時間がとれないときは、悩んだ結果、投資を諦めてしまうこともあります。忙しすぎて相性が悪いと感じ、別の方法を考えるようになるのです。しかし、面倒な部分を自動的に済ませる方法であれば、そうした選択をする必要はありません。たとえ仕事で忙しくても、投資を続けることができるのです。
先述したように、ウェルスナビは長く続けることが重要になるため、こうした上手なやり方はしっかり頭に入れておいてください。楽に投資ができる方法なら、すぐに投げ出すようなことにはなりません。うまく続けて、お金を増やしていきましょう。

【これもロボアドバイザーならでは】感情の影響を受けにくいウェルスナビの上手なやり方

投資をするときは、一時の感情に左右されたことで、失敗を避けられなくなることがあります。強い感情を抑えられず、冷静な判断ができなくなってしまうのです。
そうしたミスを防ぐために最適なやり方も、やはり、ロボアドバイザーならではの「自動積立」になります。ウェルスナビの自動積立機能があれば、自動的に正確な判断をしてくれるのです。機械による自動的な投資なら、人間のように驚いたり焦ったりすることはありません。そのため、常にメリットの大きい選択ができるようになるのです。
これは、自力では難しいことなので、初めて投資をするときはよく考えておいてください。相場が上がったりすると、「これはたくさん買わなければ」という感情に流され、必要以上に買ってしまうことがあります。ところが、相場が下がると逆のことが起こるので、注意しなければなりません。「どんどん売らなければ」という焦りの感情に突き動かされ、高く買ったものを安く投げ売りするような状態になってしまうのです。
そうした損な取引を回避するためには、ぜひウェルスナビの自動積立機能を頼ってみてください。機械の判断なら、相場がどうなっていても、ミスをすることはありません。人間よりはるかに正確な判断ができるため、安心して任せることができるのです。感情で大損をしないためには、便利な機能を積極的に利用していきましょう。

損をしたときのダメージを抑えるウェルスナビの上手なやり方

ウェルスナビで初めての投資を行うときは、損をしたときのことを考え、不安になってしまうことがあります。そのストレスを少しでも軽減するためには、入金額に注目してみましょう。入金額を少なめにするやり方なら、損をしたときのダメージを、最小限に抑えることができるのです。
いきなり大金を入れたりすると、損をしたときの負担が大きくなってしまうので、適当に金額を決めるようなことはしないでください。特に、初心者は慎重に動くべきです。初めて投資をする人は、経験豊富な人に比べると、どうしても失敗しやすくなります。それを防ぐために自動積立機能を使うとしても、余計なリスクにつながる要素は、できるだけ排除しておきたいものです。無駄に大きい金額を入れたりすると、万が一失敗したときは、投資を始めたことを後悔するような事態が起きたりするので、くれぐれも注意してください。
初めて挑戦するなら、まずは少額からスタートしていきましょう。無理のない金額で少しずつ慣れ、徐々にステップアップしていく方法なら、大きな失敗は起こりにくくなります。20代で早めに始めたときは、資金不足を感じてしまうことも多いですが、借金などしないように気をつけてください。最初は少ない額でも、コツコツと続けていくことが、成功するためのコツです。


ウェルスナビ(WealthNavi)関連記事一覧|ロボアドバイザー・ラボ

ロボアドバイザー・ラボとは|About the Author

ロボアドバイザー・ラボ
ロボアドバイザー情報専門メディア、ロボアドバイザー・ラボ。
ロボアドバイザーに関する専門情報をお届けします。

【メディア掲載】(※一部。順不同。)
・財経新聞
・朝日新聞デジタル
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・Mapionニュース
・楽天Infoseekニュース
・エキサイトニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス