ロボアドバイザーと「ai」

ロボアドバイザーのaiは?

ロボアドバイザーというのはこれまでは自分自身で取引をしていたという人がテクノロジーの進歩によって生まれたai、つまりは人工知能によって自動的に取引をしてもらおうというやり方になります。aiに任せて資産運用するロボアドバイザーというのは近年になってどんどん出てきたわけです。これはしっかりとしたaiの能力を高める事ができるような時代になったということでもあり、そういう意味においてはかなりお勧めできる投資のやり方になりつつあるというのは間違いないでしょう。それこそ量子コンピュータなどーによるテクノロジーの急激な進歩によって生まれた新しい投資の手法というイメージを持っている人が多いのですが実際問題として昔からファンドがこのようなやり方をしていたということもあり、あくまで個人にボトムダウンしてきたのが最近と言う話であるといえるでしょう。当たり前ですが大事なのはどんなaiであるのか、ということでしょう。どこのロボアドバイザーなのかということによってその能力の差というのがやはり明確に入れてきてしまうことになりますからその辺りはしっかりと比較した上で利用するということが失敗しないことの一つとなるでしょう。

ロボアドバイザーをaiで投資

当然ロボアドバイザーは業者によって能力が違うわけですから比較しなければならないわけですがどのような比較をするのかと言いますとaiの質となるわけです。どのように比較をするべきであるのかというのは分からないことが多かったりはするのですが、それでも基本的にはまずは目指す事駕できる一つの投資の手法であることは確かでしょうから、上手くすれば相当に利益を見込めることがあります。さて、aiの比較ですがまずはどんなコンピューターを使っているのかということです。どうぞアドバイザーということになりますので別に具体的に行ってくれるということよりもポートフォリオを作ってくれるということにメインを置かれていることがほとんどであり、要するにポートフォリオとは、金融資産の組み合わせのことになります。株式は何パーセント債権を何パーセントとかそのような資産運用におけるリスクや収益の方向性を決めてもらうことができます。当然、勝手に決めるということではなく、こちらがいろいろと質問をされることによってその人にとってどのような投資が最もふさわしいものであるのかというようなことをアドバイスしてくれるというのがロボアドバイザーの良いところであると言えるでしょう。もちろん具体的に銘柄を選んでくれるということにもなっています。それこそ上場株式は約3500銘柄はありますし、投資信託であればその場合くらいもあります。自分でそれから選んで購入するということになりますとハードルが高くなりますから自動的に銘柄を買い付けまで行なってくれるアドバイザーを使うというのはとても便利です。

二つのロボアドバイザーの方向性

ロボアドバイザーとは、二つの方向性があります。一つはウェブサイトやアプリ上で簡単な質問に答えることによって、様々なリスクの判断をしてくれて投資のプランを出してくれというようなタイプです。こちらはあくまで大まかな方向性を考えてくれるという程度のものにはなるのですがそれでも投資プランを作ってくれるというのはありがたいことでしょう。マネックス証券とか楽天証券といった証券会社がやっていたりするタイプのロボアドバイザーということになるでしょう。2つ目は、aiが提示した投資プランを承認しますと運用までやってもらうことができるということです。前者のアドバイスに関することですと無料でやってくれるということもありますが運用までお願いするということになりますといくらか手数料がかかるということが多いです。そもそも証券会社としてもそれでも儲けを出しているというわけですから費用があるというのは仕方のないことでしょう。aiが運用まで自動的に行ってくれるタイプをまずはイメージする人が多いのですが必ずしもそうではなくあくまで投資の大まかな方向性を決めてくれるというようなこともロボアドバイザーの一つの方向性になっています。アドバイスをもらうというのが無料で出来るのはありがたいですがそれに沿った投資もしてくれるということになりますとこちらもさらにありがたいことではありますが運用コストがかかるという点においてはそれなりに考えておかなければならないことがいくつもあります。コスト面が何よりネックとなるでしょう。こればっかりはそういうサービスを使っているわけですから仕方のないことではあるのですが、上手くよいaiで投資ができるようになりますとそれこそ極端に言ってしまうと何もしないでも利益を出してもらうということができたりするわけです。

ロボアドバイザーのaiに任せること

前述の通り、ロボアドバイザーによる投資というのはあくまで大きな方向性を決めてもらうというだけのこともありますしすべてお任せてしまうということもあります。前者では無料でやってくれるようなサービスをしてくれるようなところもありますが後者の場合はさすがに手数料がかかることになります。これも業者によって違うことになりますし、またどのロボアドバイザーを選ぶべきであるのかということに大きく左右される部分でもあります。そもそも具体的にいくらぐらいであるのかということなのですが、特に相場というのは決まっているわけではないのですが手数料として運用金額の1%程度ということがわりと多いです。これも確実ではないです。固定の費用ということもありますし、様々なプランによって決まるということもあります。それは本当にそのロボアドバイザーを提供しているところによって違うと言っても過言ではありませんので、極端に固執して決めるようなことはしないほうがよいでしょう。

ロボアドバイザーのaiはどのような理屈で?

ロボアドバイザーのaiですが、そもそもaiはどのような形で判断をしているのか、ということが疑問になることでしょう。こればっかりはそのaiのアルゴリズムを知らないことには一覧になんとも言えることではないのですが高度なコンピュータの演算をしているということには間違いはないでしょう。南に多少のデメリットとしてあげることができるのは少額投資非課税制度などを利用することができないということでしょう。これは要するにnisaのことですがロボアドバイザーでは、この制度を使っての非課税での投資をするということはできないようになっていますから注意しておきましょう。どのような考え方で投資を行うのかということは一応は自分で微調整をするということはできます。つまりは、aiと自分の取引手法を組み合わせて行うということもできないわけではないですから、それなりに柔軟性のある投資、とすることができるようにはなっていますから、それはある意味では心配することではないでしょう。つまりは、そこまで極端にaiに頼った投資にする必要性もないということになります。そもそも同じaiで多くの人がやっているわけですから、差を出すためにはそのあたりのことからアプローチしてみるとよいでしょう。それによって大きく成功することができるようになったりします。もちろん、こちらもすべて自己責任になります。

ロボアドバイザー・ラボとは|About the Author

ロボアドバイザー・ラボ
ロボアドバイザー情報専門メディア、ロボアドバイザー・ラボ。
ロボアドバイザーに関する専門情報をお届けします。

【メディア掲載】(※一部。順不同。)
・財経新聞
・朝日新聞デジタル
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・Mapionニュース
・楽天Infoseekニュース
・エキサイトニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス