ロボアドバイザーって結局【どうよ】?

とっても単純にロボアドバイザーってどうよと聞かれた場合

ロボアドバイザーを利用した投資、近年増加の一歩をたどっています。
何しろこれまでは、自分の知識や経験をメインにして判断投資していたものが、ロボットの協力でもっと効率的に出来るようになったのです。
これは非常にありがたいことですし、投資初心者でもちょっと試してみようかな、という気にもなるものです。
特に他に仕事を持っている人の場合、1日中チャートに張り付いているわけにも行きません。メインでやっている人でも、休まなくては生きていけません。
その点ロボットは、まあメンテナンスという必要はありますが、基本的に24時間働いてくれます。自分の時間も、これでとれるというものです。
と書いてくると、なら簡単だしやってみようということにもなりますね。
しかしこれ誰にでも、というわけには行きません。やっぱり向き不向きがあるのです。ロボットだから全部任せて大丈夫、というわけでもないのです。
何よりもロボアドバイザーを利用した投資の基本、これをまず飲み込んでおかないと、成功するものも失敗してしまいます。
ロボアドバイザーってどうよ、と聞かれて即答できないというのは、こういった問題もあるからなのです。
まあもちろん、どうよと聞かれて即、これ大丈夫おすすめ何があっても成功するから儲けられるから、と答えが返ってきたらそれはそれで不安ですよね。


関連記事:
ロボアドバイザー徹底比較。ロボアドバイザーをやってみるべき理由&NISAとの関係も

ロボアドバイザーって完全にやってくれると思うけどどうよ

ロボアドバイザーと聞くと、ロボットがあれもこれもやってくれるような印象がありますね。でもこれ、最初に言っておきますと最終的には人間の判断が必須です。
ロボットという言葉、結構憧れがあるものです。
ちょっと本筋を離れますが、同じロボットでこんな事がありました。
ロボット掃除機が登場した時に、ロボットなんだから全部掃除してくれる、棚の上も床の邪魔なものも片付けてくれる、そう期待した人勘違いした人、結構いたのです。
実際には、床にあるものを片付けてから掃除機を稼働ですし、棚の上は自分で始末をつけなくてはいけませんでした。
今でもまだ、床の上の片付けとかは自力で、棚の上も拭くのは人間の手ですね。床の拭き掃除の機能は、搭載されるようになりました。
これと同じことが、ロボアドバイザーにも言えます。
ある程度お任せは出来ますが、最終的には利用者の判断が必要ですし、きちんと状況や情報を把握していないと、結果損を出すことにもなります。
完全無欠のロボアドバイザーは、まだ出ていないというか、これからも存在しないと言って過言ではないでしょう。
考えても見てください。すべての投資家が利益を出せる、と言う状況は無いと誰だって知っていますよね。
ロボットへの夢があったとしても、完全無欠ではないということ、まず知っておいてください。

ロボアドバイザーって投資お任せできるって聞いたけどどうよ

実はロボアドバイザーには大別して2種類のものがあるのです。
1つはアドバイス型です。最初に口座を作る時にあれこれ質問してきて、最適な投資方法を出してくれるあのロボアドバイザーも、これの1つですね。
アドバイス型の場合、実際の運用には関わってきません。
何かの問題で悩んでしまった時などに、解決の糸口になるだろうアドバイスをくれたりするのです。
ロボアドバイザーが提案してくれるあれこれをもとに、自力で運用するのですね。なのでこれ、投資経験者が利用するにはもってこいです。
あくまで自力での投資運用をしている人が、それでもアドバイスが欲しい場合、利用するのがおすすめです。
これまでこういったなにかのアドバイス、もらうとしたら人間からでした。証券会社のスタッフやネット上での意見などもとに、判断していたのですね。
しかし人間のアドバイスというのは、どうしても私情が入ります。いわゆる好き嫌いも、入ってきます。また提案者の利益の問題もどうしても関わってきます。
しかしロボットにはそれがありません。あくまでも情報をもとに、冷静に感情に走らない提案を出してくれるのです。
アドバイス型をうまく使えば、これまで以上に運用がうまくいく可能性があるのですね。
もう1つのタイプは、投資一任型です。それこそ名前の通り、運用まで一任できます。
最初に色々と質問してきて、それの答えによって最適な投資方法を提案してきてくれます。それを了承すれば、それに従って投資していってくれるのです。
投資先もロボットが決めてくれますので、本当に一任型なのです。初心者向き、と言っていいでしょう。
とは言えこちらも、元本割れなど起こさないように、最終的には人間の目が必要になることも、忘れないようにしたいですね。
また大きな違いとして、アドバイス型はNISAと一緒に利用ができますが、投資一任型は出来ないのです。
これも要注意なので、心に留めておくといいでしょう。

ロボアドバイザーを使った投資って誰にでも出来ると思うけどどうよ

なんだかとっても簡単で、これは誰に出来できる投資方法、すぐにでも資金調達して始めてみよう、と思う人多いでしょう。
でもこれもやはり、向き不向きというものがあります。
一任型の場合特に、誤解してしまう人が多いので、最初に注意しておく必要があります。
アドバイス型の場合は、これはもう最初に自力でという前提がありますので、誤解も何もありません。自力プラスロボットのアドバイス、と言う図式です。
しかし一任型の場合、もうこれに任せておけば大丈夫、問題ないから後は放置となってしまうことが多いのです。
これが失敗を招くことも、実はあるのですね。
ロボットに任せると言っても、最初に最低限の設定はします。それをロボットは実直に守って運用していきます。
結果、何か大きな動きがあった時に対処できないこともあるのです。最初の命令を守ったまま運用、元本割れなどということも無いとは言えません。
なので人間の目が必要になるのです。一任型といっても完全にお任せで言いというわけではないこと、この事実を飲み込んでおいてください。
また、それなりに儲けられてもロボアドバイザー、無償での利用はできません。手数料がかかってくるので、その分も把握しておかなくてはいけませんね。

ロボアドバイザー利用しての投資運用が向かない人ってどうよ

殆どの場合、ロボアドバイザーの利用ではそこそこの利益を上げることが出来ます。
しかしこれ、向き不向きは厳然としてあるのです。タイプとして、ロボアドバイザーでの運用が向かないという人も、いるのですね。
まずは勉強嫌いの人です。もちろん学校の勉強ではなく、投資や政情経済などの勉強です。
ロボアドバイザーに任せているのだから、特にそういったことには注意を向けなくてもいいやと思っている人の場合、落とし穴に落ちる危険性があります。
油断大敵を知り、ロボアドバイザーに甘えないタイプの人が、運用に向いているということですね。
次に、つい冒険してしまうタイプの人です。つまり、ロボットが運用してくれるのだから安心、全額投資しちゃえとか考える人ですね。
こういう人の場合他の投資でも、一括で投資してしまうタイプです。これがおすすめと言われると、全てつぎ込んでしまうことがあります。
投資というのは常に危険性を含んでいます。特にロボットがという安心感から、つい一括投資と気が大きくなりますよね。
分散投資をすることは、ロボアドバイザー利用でも投資には必須のことです。それを忘れてしまう人には、不向きということになります。
最後に、短期の投資で大きく儲けたいという人です。ロボアドバイザー利用の投資は、短期の運用で大きく利益を挙げられるものではありません。
長期的な展望の上に立った運用でないと、それだけ気の長い人でないと向かない、ということです。

ロボアドバイザー・ラボとは|About the Author

ロボアドバイザー・ラボ
ロボアドバイザー情報専門メディア、ロボアドバイザー・ラボ。
ロボアドバイザーに関する専門情報をお届けします。

【メディア掲載】(※一部。順不同。)
・財経新聞
・朝日新聞デジタル
・SANSPO.COM
・SankeiBiz
・Mapionニュース
・楽天Infoseekニュース
・エキサイトニュース
・BIGLOBEニュース
・@nifty ビジネス